< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2011年04月19日

安全基準の意識

昨日も痛ましい事故がありましたね。
私も子を持つ親。切なくて、悲しくて心が痛み涙出てきます。


今、『安全基準』と言うと原発問題ですが、ここでは子供の安全基準の違いについてお話ししたいです。

私が久しぶりに日本に帰ってきてびっくりしたのは、小さい子供が一人で道を歩いてる事。
(小さい子供と言うのは小学生低学年も含みます。)

小さい体に大きいランドセルを背負って、狭い道をてくてく一人で歩く光景は海外(カナダ)ではありえません。

というか、そんな子を見かけたら通報され、保護されます。

そして、親の責任が問われます

海外の親は子供の安全意識がとても高いと言うのが私の感想です。

という事を踏まえ、いろんな方とお話しすると私と傘福ぱぱは

『気にしすぎなんじゃない?』
『心配しすぎ』
『みんなそうしているから』
『過保護?』

と言われがちですが、思われても仕方がありません。。。
だって、自分の子を守るのは親の責任だから・・・。

と今日このトピックを選んだは、昨日ドキッとした事があり、私自身『日本は平和・安全』ボケをしてしまった自分にを入れるために書きました。





  


Posted by 傘福娘ママ at 09:11Comments(0)ありえない話